学び

YouTubeで学びの時間

1週間ほど前に、「茶とら工房」というYouTubeチャンネルを登録しました。カメラマン「チャトラン」さんのチャンネルで、概要欄には、このようにありました。

某グルメ&ビューティーサイトのカメラマンです。
年間300件以上の飲食店様を撮影している経験を元に

■自宅で出来る物撮り(主に料理)の仕方。
■簡単なライティング方法。
■photoshopでの仕上げ作業。
——————————————————————————
◆なるべく少ない機材で!!
◆これなら自分にも出来そう!!
…というのをテーマに動画をご紹介しています。
——————————————————————————
合成写真やphotoshopの解説動画もございますので、
ご興味ございましたら併せてご覧下さい。

いくつか動画を見てみたところ、だいたいどの動画も10分程度。短いものだと6分とか8分とかです。そんな短い時間のなかで、

  • 家にあるものや百均で調達してきたアイテムで撮影環境づくり
  • 被写体&小道具の配置フロー
  • 撮影フロー
  • Photoshopを使って編集フロー

・・・がしっかり網羅されています。解説は簡潔だけど丁寧で分かりやす~い♪

「茶とら工房」、私的に最近かなりグッと来てるチャンネルです。もしかすると、私も「家にあるものや百均で調達してきたアイテム」を使いがちで、人物ではなく「物撮り」をしているからかも?

チャトランさんが、ご自宅の一室にレストランの雰囲気を作り出しちゃう様子なんかを見ていると、「こういうアイテムでこういうことできるんだー!」って、私もちょっと創造力が刺激されちゃうし、

チャトランさんが、百均で仕入れた画用紙でささっとレフ板を作ったり、光の効果を作り出すための小道具を作ったりしているのを見ると、なんだか私まで、何か思いつけそうな気になってしまう笑。

あとね、写真の編集がPhotoshopなんだけど、これも毎回、どの機能をどう使ってどのような効果を作り出してるかを作業しながら解説してくれて、分かりやすい~。私は今まだMappy Photoチャンネルの超初心者シリーズでPhotoshopを勉強中だけど、いつかチャトランさんみたいにさらさら~っと使えるようになるといいなー♪

チャトランさんが、プロの知識と知恵と技術をかみくだいて説明してくれるおかげで、私も毎回動画を見ては、「小道具選んで配置するの楽しい~」「写真撮るの楽しい~」「よーし私もなんか撮りたいぞ!」と思うことができます。(楽しいっていいね!)

ということで、「茶とら工房」、お仕事の合間とかにちょこちょこ動画見ています。

最後に、最近見た中で楽しかったのを2つ紹介するね。

1. カメラマンはこう撮る!! 簡単機材で物撮り(料理)の撮影&ライティング方法を解説致します!!

2. 物撮り(料理撮影)をする上で大事な事をカメラマンが解説!! | 自然光ライティング第二弾!!

YouTube概要欄によると、2~3週間に1本程度新しい動画がアップされるらしいので、その間に私は、まだ見てないやつどんどん見ようと思います。

それにしても、さすが飲食店での撮影をされているだけあって(年間300件ってすごっ)、お料理写真どれも本当においしそう…!