検証

新しいストックフォトサイトに登録してみました(Foap編)【前編】

先日の「Link 2 を更新したよ」記事で「スクリーンショットを撮りつつ、試しに登録してみようかな?」っていう話をしたFoap

 

さっそく登録してみました。

Foapについて分かっていることをまとめておくと以下の通り:

  • ポーランド、スウェーデン、米国にオフィスを持つストックフォトサイト企業。サービス利用&売買契約は、Foap Polandとコンテンツの売主/買主の間で締結(なので拠点はポーランドかな?)。
  • 画像はスマホのみからアップロード可能。ブラウザからもアップロードできなくはないけど、「BlueStacks」っていうエミュレータが必要。
  • 画像サイズは1280 x 960 ピクセル以上(それ以下だとそもそもアップロードできない)。
  • 画像が売れた場合のコミッション率は50%。
  • 自分専用ページにアルバムを作って、そこに他のクリエーターの写真を保存した状態で、そのクリエーターの写真が売れると、25セントのマージンがもらえるみたい。
  • ミッションモード(お題に合った写真を提出)の報酬はミッションによってさまざま。ざっと見た感じ100ドル単位かな。
  • 著作権はクリエイターに帰属するため、同じ写真を他の「著作権がクリエイターに帰属する」サイトで販売しても大丈夫。

今回もスクリーンショットを使って説明しようと思うのですが、すんごいいっぱいスクリーンショットを撮っちゃったので、前編・後編に分けてアプリの使い方を解説したいと思います。

1. まず、スマホにアプリをインストールします。iOS版Android版があります。私はiPhoneユーザーなので、iOS版で説明しますね。

2. アプリを起動して、画面下部の「Start using Foap」(Foapを始める)をタップ。



3. 「ようこそ」画面に遷移します。FacebookやAppleのアカウントでログインすることもできますが、「Create Account」でアカウントを作成したいと思います。


4. アカウント作成に必要な情報を入力します。(ちなみに「Mami」はすでに使われていた💧)

5. 「入力したメールアドレス宛に認証用リンクを送信するから、そのリンクをクリックしてね」っていうメッセージが表示されるので「OK」をタップ。

6. 認証用メールが到着。「ACTIVATE YOUR ACCOUNT」をタップしてアカウントを有効化します。

これで、アカウントができました。

次の記事で、アプリ内それぞれのモードと、写真のアップロード方法を説明しますね。

後編に続く