撮影 雑談

ブレない写真を撮るためのスマホの持ち方

Photo by ROMAN ODINTSOV from Pexels

 

スマホ(私はiPhoneね)で気軽にきれいな写真が撮れる時代だもの。せっかく撮るならブレのないきれいな写真が撮りたいよね。

で、スマホで写真を撮る時って、だいたいこんな感じだよね?

横だとこんな感じ。

ども。私です。

縦ならこうかな?

私たちは呼吸してるからどうしてもそれにつられて体が動くし、手を空中で完全に静止させるのも難しい~。その上でシャッターボタンを「ぽん!」なんて勢いよくタップしちゃった日には、その圧でスマホが動いちゃう。

そんな時って、慎重に撮ったつもりでも写真がブレちゃったりするんだよね。スマホの画面上ではキレイに見えていても、いざそれを大きなPCモニタで見てみると「あれれー」みたいな。

それで今日は、ブレない写真を撮るための、「私の」スマホの持ち方を紹介したいと思います。アクセントは「私の」です。何がベストかって人それぞれだからね。なので、「へー、こんな風に持つ人もいるんだな~」程度に見てってください。ちなみに私は右利きです。

あ、そうそう、写真を撮る前に、まずはコレ。レンズをきれいにしよう。スマホ撮影基本のキ♪

せっかく「ブレてない」写真を撮っても、レンズが汚れてると、なんかモヤっとした、「ブレてる」っぽい写真になっちゃったりすることあるからね。

私はこの、マイクロファイバークロス8枚入りボックスを買っていて、出かける時に1枚バッグに入れてます。で、汚れたらどんどん洗っています。

レンズをきれいにしたら、スマホの底辺を、左手親指つけねのぷっくりした部分の境目に沿うようにあてがいます。手相占いで言えば生命線のあたり。左手の指をスマホ裏側にぴったりあてて、左手の親指と残りの指とでスマホを挟む感じにします。

右手がいらないくらいにしっかりホールド。私の場合、このまま団扇を仰ぐ動作をしても、大丈夫なくらいのグリップ。

そこに右手を下から添えます。右手親指はスマホ自分側、残りの指はスマホ向こう側。右手左手、それぞれ指先方向に力を入れる感じ。縦長写真を撮るときは、下の画像を90度回転させた感じになります。

シャッターボタンは、右手親指で「ぽん!」とタップするのではなく、「そっ」と触るよ。

昨日、お天気がよかったので、散歩にでかけました。スマホを上に向けたり、縦に構えたりしても、「しっかりホールド」で、大きい画面で見てもシャープな輪郭の写真が撮れます。

もしよかったら、試してみてね~

ところで私がこうやってiPhoneを持つようになったのは、YouTubeチャンネル「iPhone Photography School」で見て「真似してみよう!」って思ったのがきっかけでした。このチャンネルは全編英語なんだけど(英語字幕もあります)、露出とか構図とか接写とか編集とか、いろんなトピックを一回10分程度で学ぶことができておすすめです。英語が分かりにくくても、iPhoneの操作ってユニバーサルだから、動画を見れば「なるほど」ってなることも多いかと思います。

ご興味あれば、ぜひ!