雑談

ストックフォト販売は「写真AC」から始めるのが良いと思う理由5つ

自分が撮った写真を誰かに見てほしい!とか、自分の写真が誰かの役に立ったら嬉しい!とか、副業として写真を販売したい!とか、考えている方いらっしゃるのではないかと思います。

私は、自分がこれまでのブログ生活でストックフォトにとてもお世話になっていたことから、今度は私も誰かの役に立てたらいいな~と、わりと軽めの気持ちでストックフォトを始めました。

今は複数のサイトに登録していますが、一番最初に登録したのは2020年の春。かれこれ1年と2か月ほど前になります。

数あるストックフォトサイトの中で、私が一番最初に登録したのは、「写真AC」というサイトでした。なぜここにしたかというと、「写真が承認されやすい」と複数のサイトに書いてあったからなんです(えへへ)。

 

でも結果として、最初に選んだのが「写真AC」でよかったなと今思っていますし、これからストックフォトをされる方にも「写真ACを最初のストックフォトサイトにする」という選択肢を提案したいと思います。

その理由は次の5つ。

1. 承認率が高いため、成功体験が積める
2. アップロード時に、リジェクトされがちな画像を学べる
3. 写真のタイトル、タグ、カテゴリを考える練習になる
4. 写真のリジェクト理由を知ることができる
5. 他のストックフォトサイトでの写真タイトル&タグ入れが簡単になる

一つずつ説明していきますね。

1. 承認率が高いため、成功体験が積める

どのストックフォトサイトにどのくらいの率で写真が承認されるのかは、もしかすると写真の題材によるのかもしれません。私は人物無しの写真を撮っているのですが、上の関連記事にも書いた通り、そしてネットで見かけた通り、写真ACは承認率が高いな、という印象です。

最初に承認率の高いストックフォトサイトに投稿することで「承認されて販売されるってこういう感じなんだ」と体験することができます。それに、なんといっても、「承認される」って嬉しいですよね。投稿→承認の成功体験が繰り返されると「ストックフォトって楽しい」と思えるし、楽しく続けられるんじゃないかなって思います。

2. アップロード時に、リジェクトされがちな画像を学べる

写真ACは、写真アップロード時に毎回、「こういう写真はダメですよ」という情報を表示してくれます。「ダメな写真」の特徴はストックフォト全般に共通していると思うんですが、わざわざ「これはダメ」と教えてくれるのは写真ACだけです(私が登録しているサイトの中でいえば、ですが)。だから、まずは写真ACで、求められる写真というかリジェクトされない写真の特徴を学ぶってありだと思います。

3. 写真のタイトル、タグ、カテゴリを考える練習になる

写真ACでは、写真を投稿する時にたまに、他のクリエイターさんが投稿した写真のタグをチェックしてねという、お願い画面が表示されることがあります(チェックするとちょっとだけ報酬がもらえます)。私は最初のうち、その画面を見ては、どういうタイトルを付けると写真の説明として分かりやすいのかなとか、どの程度単語の連想範囲を広げてタグにすればいいのかなとか、勉強しました…というと大げさかもだけど、あれこれ考えながら先輩クリエーターさんが付けたタグを見てたのは事実です。

写真ACでいろんなクリエイターさんのタグを見て、自分でもタイトル、タグ、カテゴリのフルセット入力をたくさんこなしてみることで、他のストックフォトサイトに登録した時に、たとえば「タグは〇〇個以上」「写真のタイトルは〇〇字以上」とちょっとハードルが上がったとしても、ラクに対応ができるようになります。

4. 写真のリジェクト理由を知ることができる

いろんなストックフォトサイトで、いろんな理由で写真がリジェクトされた経験を持つ私ですが(「失敗談」カテゴリ、よかったら見てね!恥ずかしけど!笑)、写真ACは親切だなって思っています。いや、親切だからリジェクトしない、とかじゃないですよ。親切にリジェクトしてくれるってことです。私が登録しているサイトの中には、NG判定で説明もないところとかありますし。

写真がリジェクトされる理由っていろいろあります。手ブレとか、ノイズとか、権利関係とか。そんな中、写真ACの親切を感じたのは、「被写体の状態/構図のバランスがダメ」というのと「カテゴリがダメ」というNG理由でした。

私のリジェクト経験からの想像なんですが、たとえば被写体を「こういう構図で撮りたい!」と思って写真を撮ったとしても、その構図がストックフォトとして適してないと、「構図がダメ」ってなったりするようです。私はこれでリジェクトされた時に、「なるほどこれは、”自分の好みの写真”より”ストックフォトとして適した写真”を撮りましょうってことなんだな~」と思いました。

同じ理由で、「カテゴリが不適切」とリジェクトされた時も「こういう時はストックフォト的にこのカテゴリなんだろうな」というのが学べました。

ちなみに、私が登録しているサイトの中で、写真AC以外に「カテゴリが不適切ですよ」と教えてくれたサイトはないですし、なんなら自分が予想だにしなかったカテゴリがAI入力されているサイトもあったりするので、写真AC、学習の場としてはほんと親切だなって思います。

5. 他のストックフォトサイトでの写真タイトル&タグ入れが簡単になる

長くなりましたが、最後はこれ。写真ACに投稿した写真タイトルとタグは、そのまま他のサイトにコピペできます。サイトごとに手動入力しなくてよくなるので、投稿作業の時短がはかれます。

よかったらこちらの記事、読んでみてくださいね。

 

最後に。

当然のことながら、クリエイターさんによって、どのストックフォトサイトがおすすめとか、おすすめでないとかあると思います。私は自分の経験から、「とりあえずの第一歩」として、写真ACをおすすめしたいなと思って今日この記事を書いてみました。

これからストックフォト始めてみようかなって思っている方いらっしゃったら、ちょっとでもこの記事がお役に立つと嬉しいです!