失敗談

過去の写真反省会

↑ Photo by Matthew Henry from Burst
 
写真のこともストックフォトのこともよく分からないまま、アカウントを作って写真を提出し始めた私。思えば無謀すぎる船出でしたが(そして今でも全く岸から離れてないけども笑)、初期に提出した写真も、それはそれは、なんというか、「無謀」でした笑。
 
それでは、今日の反省素材。
 
 
これです。
 
とある月末に「月末だから請求書の写真を撮ろう」と思い立って、その3分後(!)くらいに撮った写真です。私がもともとフリーランスということもあり、請求書のハンコは以前から家にありました。ちなみに、ここ数年使う機会がめっきり減ったし、昨年はさすがに全ての取引先で、請求書が「デジタルOK」になったよ。
 
さて、好きな撮影スタイルが「フラットレイ」な私ですが、この写真を撮ったころは「上から撮ればフラットレイ!」くらいに思っていて(恥ずかしっ)、この写真からは、フラットレイの大事な要素が抜け落ちています。それは、「ストーリー」。ストックフォトとして出すなら、「これはこういう状況を表現したものなんだな~」って見る側が感じ取れるものでないとあんまり意味がないような気がするんだけど、この写真…
 
封筒にハンコを押したよ。くらいのことしか分かんないですよね。「だから何?あとノートと何の関係が?」って感じです。しかもノートの端っこ軽く折れ曲がってるし…💧 ひとつ救われるのは、(写真がシンプル過ぎて?)目線がしっかり、「請求書在中」に誘導できたことかな。うん。
 
さて、反省点はまだあります。二つ目の反省点は、背景(← 画用紙だったような)。なぜこの色にしたんだ…?しかもなんでちょっとこの背景を見せようと思ったんだ…?
 
最後にライティング。「写真を撮るには自然光が良いらしい~!」と知った私は、小道具一式持って、窓の近くへ。そこに物を並べてそのまま撮りました。部屋の電気つけたまま…しかも白熱灯。写真の色味が全体的にアレです。さらに言うとレフ板を使おうという知識もなく、写真の右側が暗いです。このころは写真を細かく編集できるソフトも持ってなくて(今はLightroomを使ってるよ)、大げさでなく、「撮ってちょっとトリミングして申請に出しちゃった」という一枚です。
 
それでも、ストックフォトとしては承認してもらえました。もらえましたが、一度もダウンロードされませんでした(ですよねー)。結局サイトからは削除しちゃったけれど、それでよかったのかもしれない笑。
 
自分でダメ出ししたい過去の写真はまだまだあるんだけど、「過去の写真を振り返ろう」と思った瞬間頭に浮かんだのがこの写真でした。
 
この先もまた、こんな風に反省会していきたいと思います。恥ずかしいけど、備忘録という意味も込めて。
 
あと、請求書の写真は、近々再挑戦したいと思います!