雑談

インスタ経由で出合うストックフォトサイト

今日は、先日書けなかったもう一つのストックフォトサイト話をするね。

せっかく撮影した写真、どこで売ろう?って思った時に最初にすることってたぶん、ストックフォトサイトを探すことで、「ストックフォト 販売」みたいなキーワードで検索したりすると思うんですよね。それか、私のようにもともとストックフォトサイトにお世話になっていた場合は、そのサイトを起点に他のサイトも探してみるとか。ちなみに私は、もともと自分がユーザだったストックフォトサイトにコントリビュータ登録して、今に至ります。

それにプラスして、私の場合、インスタ経由でストックフォトサイトの紹介を受けたことが、これまで3回ありました。今日は、そんなお話をしたいと思います。

私は1年半前にインスタを始めたので、「3回」というと、平均して半年に1回かな。実際のところは今年の春先から3回なんだけれど、ストックフォトサイトから、「ぜひ、うちのサイトのコントリビュータになってくださーい!」みたいなメッセージが届きました。毎回これまで見たことも聞いたこともないサイトからの連絡で、小心者の私はその都度「あやしく…ない…?大丈夫…?」とビビりまくり。でもせっかくなので、どんなサイトかは確認しにいきます。

で、今回は、そんな感じで声をかけてくれた3社を紹介します。あとでLink 2(ストックフォトサイト情報)も更新しておきますね。

まずは、オーストラリアのストックフォトサイト「StockPhoto.com」。ここは以前、実際の登録手順をスクショを交えて紹介したところですね。Link 2にもアップ済みです。

 

しばらくの間登録していましたが、AIタグ生成の精度が非常にアレなのと、自分でタグを入れる操作の手間がかかりすぎて(そもそもタグをコピペできないのは致命的)、登録を解除してしまいました。でも、自分の画像のダウンロード数だけでなく、自分の画像が何回検索されたかというデータを表示してくれるので、そこはとても良かったです。統計データを出してくれるサイトはありがたいですね。

次のサイトは、米国アリゾナ州にある「Stock that Rocks」です。

Stock that Rocksは今年の春にリニューアルされたストックフォトサイトで、「こういうテイストの写真を売りたい」という方向性がはっきりとしているサイトです。リニューアルにあたり、その方向性と合った写真をアップしているインスタアカウントに声をかけていたようです。同社サイトにはコントリビュータ登録用のページも設けられていますが、登録したいと意思表示するとまず、作品のテイストが同社のテイストに合ってるかチェックされます。それで「OK」という判断が下れば、コントリビュータ契約に署名をし、晴れて登録ということになります。

ここで一点注意が必要なのが、「コントリビュータは他のストックフォトサイトに作品を提供しても問題ないが、Stock that Rocksに投稿した作品は、他のいかなるサイトにも投稿してはならない」という条件が定められていること。つまり、「Stock that Rocks専用に写真を撮らなければならない」ということになります。

売れればコミッション率はナイスな40%。でも、売れるかどうか分からないという状況の中、超絶面倒くさがり屋の私に「1サイトのためだけに写真のアイデアを考える」というのは無理でした。で、登録にはいたらず。でもね、サイトはとても素敵だし、多くのコントリビュータさんが活躍している様子。ぜひチェックしてみてくださいね。

最後は、わりと最近声をかけてくれた「imageBROKER.com」です。ドイツのバイエルン州にあるストックフォトブローカー(登録された写真をいろんなストックフォトサイトに配信する会社)で、メッセージもドイツ語で届きました。なんて書いてあるか全然わかんなくて、ウェブ翻訳機能に助けてもらいました(便利な時代になったねえ)。サイトはアクセスするとドイツ語だけど、英語ページも用意されています。メッセージに英語で返信したところ、英語で返事が来たので、ドイツ語分かんなくても大丈夫そうです。

コントリビュータ契約にちらっと目を通したところ、契約を締結するにあたっては、現在登録中のストックフォトサイト(私の場合だと写真ACとかPIXTAとか)をあらかじめ届け出ておくことが必要です。それによって、imageBROKERから登録中のサイトに作品が配信されないようになります。ブローカーサイトに投稿した作品を他の登録サイトにも投稿した場合、コミッション率は40%。他の登録サイトに投稿していない場合だと50%です。あと、写真は8メガピクセル以上だそうです。

というわけで、世の中にはまだまだ見たことも聞いたこともないようなストックフォトサイトがいっぱいあって、インスタに写真をアップしていると、そういうサイトに出合えることがあったりします。コントリビュータを探しているサイトはおそらくストックフォト関連のハッシュタグを追っていると思うので、インスタに写真をアップする際にはハッシュタグ、忘れずにつけておきましょう(←と、つい忘れがちな自分に向けて書いてみました笑)

これからも、いろんなストックフォトとの出合い、楽しんでいきましょう~!(それにしても、どこにどんな出合いがあるか、人生分からんものですねえ。)