検証

リジェクト理由に納得できなくて、ヘルプデスクに問い合わせてみた話【前編】

ちょっと前にアクリル製の音符を購入して、ストックフォトを撮影しました。

 

この記事で紹介した他にも数枚色違いを撮影しまして、合計こんな6枚になりました(Instagramのスクショなので正方形表示になってます)。

これらの写真を登録中のストックフォトサイトに投稿しましたところ、軒並み承認してもらえたのですが・・・

Shutterstockだけ、不思議な結果になりました。

まず、この2枚は承認。イヤフォン(iPhone買ったらついてきたやつ)と音符です。

でも、これは却下。

さらに、イヤフォン&音符 にコーヒーを組み合わせたものも、すべて却下。

却下の理由はすべて、「知的財産」でした。つまり、私が撮影に使った小道具の何かが、知的財産権を侵害している可能性があるということですね。

これまで私、投稿した画像がいろんな理由でリジェクトされてきました。今回のように、権利関係が理由だったこともありました。そしてそのたび、「なるほど、それは私がいけなかったんだろうな~」と反省したりもしました。

でも、今回はちょっと違います。

だって不思議じゃないですか?全く同じ小道具を使った写真で、承認されたり却下されたり。しかも却下の理由が知的財産権侵害の可能性なんですよね?となると、「承認された写真には含まれず、却下された写真には含まれていた “知的財産” とは一体なんなんですか?」と、疑問がわいてきちゃうわけです。

そこでまず、Shutterstockの「素材の審査」に関するページの中から「知的財産権を理由にコンテンツが拒否されたのはなぜですか?」を読んでみました。

そこには、こう書かれていました。

「コンテンツに、知的財産権の侵害の恐れがある素材(例:アートワーク、執筆物、楽譜、独立した近代建築、またはその他の著作権で保護された物体)が含まれています」 という理由でコンテンツが拒否された場合、通常は次のような、著作権で保護された素材が含まれているためです。

  • 他の芸術家が制作した芸術作品
  • 独立した現代建築
  • 1900年以降に建てられた像やランドマーク
  • 個性的な自動車などの乗り物
  • 個性的なカメラ(現代のものやビンテージのもの)
  • ルービックキューブなど、特定の製品やデバイスのデザイン
  • 本、雑誌、新聞の文面
  • 著作権で保護されたキャラクター(ヒーローなど)にとてもよく似たイラスト

では、私が使った素材は?

もしかするとiPhoneのイヤフォンが「特定の製品やデバイスのデザイン」に該当するのかもしれません。

でも、同じイヤフォンを使った色違いの写真は承認されてるんですよね。しかも私、撮影前に、各ストックフォトサイトで「イヤフォン」を検索して、iPhoneのイヤフォンが含まれる画像が販売されている(つまり承認されている)のを確認済みです。

そんなわけで、やっぱり納得できない。というか、納得できるリジェクト理由が欲しい。

そこで、先ほどのShutterstockのページを一番下までスクロールしてみたところ、こんな一文がありました。

画像の拒否理由を理解できない場合や追加説明が必要な場合は、いつでも寄稿者サポートにお問い合わせください

なるほど。これはお問い合わせするしかないな!

さっそく「お問い合わせ」ページで、サポートが必要なトピックを選択します。今回のケースだと、「審査プロセスと却下」の「素材の審査」ですね(下のスクショで言うと、右列中央あたり)。

「素材の審査」をクリックすると、ページ下部に「素材の審査」用の問い合わせフォームが現れます。ちなみに、他のトピックを選ぶと、そのトピック用の問い合わせフォームに切り替わります。

プルダウンメニューで投稿作品の種類を「写真」「動画」「イラスト」から選択し、その下には問い合わせ対象の画像や動画IDを入力。一番大きなフィールドに問い合わせ内容を書いて、送信です。

私は今回の件で、一番上で「写真」を選び、次の段でリジェクトされた画像IDを記入して、最後に「リジェクトされた画像と承認された画像では全く同じ小道具を使っているけど、リジェクトされた画像は知的財産権を侵害している可能性があるとのことでした。リジェクトされた画像に含まれる知的財産が何なのか具体的に知りたいです」というようなことを書きました。

送信後、ほどなくして(15分後くらいだったかな)、Shuttersockからメールが来ました。「Shutterstock エキスパートが質問に回答します」という内容で、エキスパートとのテキストチャットを開始するためのリンクが貼ってありました。

よーし、エキスパートに相談してみよう! リンクをクリックしてみました。

【後編に続く】