撮影

コピースペース

この間「フラットレイが好きです~」っていう記事を書いたんだけど、自分が撮るときにはコピースペースを作るようにしています(全然作らない時もあるけど)。長い間書道を習っていたからか「余白」(英語ではnegative spaceって言うんだよね?)に注意を向けるクセがついたんだけど(というかそういうクセをつけろと教えられたというか…)それが転じて、フラットレイをデザインする時は、「いい感じの余白が作れて、必要ならそこに文字も入れられたら一石二鳥?」って考えるようになりました(←欲張り)。

とはいえ、「いや、でもさ、コピースペースがない写真だって、そこに何か重ねればコピースペース作れちゃうじゃん?だったら最初からスペース空けなくてもよくない?」って思うこともあるんだけど、最初からスペースがあれば、「ここにこんな風に文字を入れたらどんな感じかな」って想像しやすいかも、とも思ったり。ま、最終的に私の写真が選ばれなくても、イメージを膨らませるたたき台にしてくれたら私は十分満足かな。

もちろんコピースペースがいらない人多いと思うし(←何を隠そう私もその一人)、私がわざわざコピーペースを作ったことで「んー、この写真はパス」ってなることも多いと思うけど、それでも、ほら、需要ってどこにあるか分かんないじゃん?(← とか言いながら、結局自分が撮りたいように撮る人)

あとね、いつかどこかで「あの人いつもコピースペース付きのフラットレイを作ってるよね~」みたいに思ってもらえたらちょっと楽しそう笑。

今日の写真は「朝食ヨーグルト」。差し込んでるのは午後の直射日光だけど「朝の日の光です!」って言えば朝っぽくなるから不思議・笑。ドライフルーツ(イチゴとオレンジ)は、ナッツやグラノラ(←カルビーのフルグラ。好きです♡)とバランスが取れそうな大きさに切りました(食品用のはさみ便利)。アイビーの葉っぱはね、ダイソーで買ってきたような気がするよ。100均ありがたや~♪

じゃ、またね。

追記:今日またこうして3月11日がやってきました。あれから10年。「普通」の生活に戻るまで何年も要した方々や大事な人を失ってしまった方々のことを思うと言葉もありません。いまでも故郷から離れて暮らす方、苦しい思いをされている方もたくさんいらっしゃることと思います。せめて今日が穏やかな一日でありますように。