小道具 撮影

トマトの写真を撮りました

この間、水にグリセリンをちょい混ぜしてスプレーすると、水がつつーっと流れず、水滴がいい感じの形のまま表面にとどまってくれるらしいというお話を書きました。

 

で、プチトマトで試してみました。

どうでしょう?

ミストが出るスプレーをしたことで、水の粒がだいたいみんな同じ大きさで、それはそれでちょっと不自然…?などと思いつつ、それでも、水滴が流れちゃったりお皿の底にたまったり、ということがなくて、グリセリンありがとう!な撮影でした。

ちなみに、トマトにスプレーしてから、お皿に配置です。お皿に配置してからスプレーすると、お皿にも水滴がつきまくってしまう笑。

器を変えて、こんな感じのも撮ってみました。

先日の壁紙サンプルの記事で登場したニトリのお皿、のボウル版です。1枚400円くらいだったかな?

こちらも、いい感じで水滴がとどまってくれて助かりました。

で、私が使ってるグリセリンなんですが、FAQページによると、100%植物性で、口に塗っても大丈夫な商品だそうです。ところで同じページに、グリセリンが「ヤシ油」と「パーム油」からできてるって書いてあって、「え?ヤシって英語でパームだよね…?」と疑問に思いちょっと調べてみたところ、

 認定NPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパンのHPで、「3分でわかるパーム油」という記事を見つけました。それによると、

パーム油(Palm Oil)は、「アブラヤシ」という植物から採れる植物油です。

「ヤシ油」と呼ばれる油はココヤシの実から採れるココナツオイルで、パーム油ではありません。

ということなのだそうです。なるほどー。

結局のところ、「100%植物性で、口に塗っても大丈夫」だということが分かったので、撮影後はきれいに水洗いし、オーブンでローストしました。

250 gのプチトマトを縦に切って、ボウルに入れてオリーブオイル、しっかりめ塩と胡椒、にんにく1かけみじん切りとまぜまぜ。オーブン天板にオーブンシートを敷き、トマトを切り口を上にしてシートにならべ、ローズマリーをのっけて(←これも撮影で使ったやつ)、190度のオーブンで20分。これを、ハーブやガーリックで味付けして焼いたチキンにのせて、ある日のランチになりました。

生のトマトは苦手なのですが、こんな感じで加熱調理したものなら大丈夫。ネットで見つけたレシピだったんですが、とっても美味しかったです。ブックマークするの忘れちゃったので、この記事に書き留めておくことにしました。

ところで、余ったローズマリー、根を生やしてくれないかな~とちょっと淡い期待を込めてお水にさしているけど、どうだろう?(と言いつつ、結果を見る前に料理に使ってしまうかもしれない笑)