ツール

カメラアプリ何使ってる?私はLightroom。

↑ Photo by GIRLY DROP

 

iPhoneでストックフォトを撮る人は少ないかもだけど、iPhoneで写真を撮る人はすごーく多いよね。そんなみなさん、カメラアプリ何使ってる?私は Lightroom を使っていて、とても気に入っているよ。アプリは有料版なら編集機能がフルに使えるし、無料版でも基本的な編集はOK。写真を切り抜いたり、明るさを調整したり、ホワイトバランスを変えたり、シャープネスを調整したり、その他いろいろできるよ。

私がこのアプリを気に入っているのには3つ理由があってね、順番に、

  1.  水平位置が分かりやすい
  2. 露出オーバーを知らせてくれる
  3. デスクトップ版と同期できる

さくっと説明するね。

1. 私がカメラの「水平位置」を知りたいのは私がフラットレイを撮っているからなので、それ以外の角度から撮っている方にはちょっと役に立たない情報になっちゃうかな、ごめんね。iPhoneに最初っからついてるカメラで俯瞰写真を撮ろうとすると、画面に黄色い「+」と白い「+」が出てくるじゃない?この2つの「+」がちょうど重なるとカメラが水平ね。こう書くと分かりやすいんだけど、「+」自体があんまり大きくないので、被写体の色とかぶり気味になると視力イマイチな私、ピンチ笑。その点Lightroomは、ガイドが画面の端から端までのびていて分かりやすい~。

どういう感じかって言うと、こんな感じ↓ AdobeのLightroom紹介ページからお借りしました。

 

画面をつっきる黄色い線。この写真は俯瞰ではないけど、俯瞰にした場合も同じようなガイド線が表示されて、カメラが水平になると線が黄色に、そうなるまでは白い線です。見やすい&分かりやすいよね。

2. 次は露出オーバー個所の表示。白飛びしちゃってるところに、細かい斜線をかけて教えてくれます。親切アプリ♪ その部分を避けて撮ったり、そうでなければマイナス側に露出補正してから撮って編集すればOK(だと思う)。私が登録してるYouTubeチャンネル「The Bite Shot」の Joanie Simon(←料理写真家)が、「白飛びしたまま撮影するとその部分の情報が失われちゃって、編集でもそれは復元できない」って言ってたのを聞いて以来、撮影時に斜線が出ると「む!」ってなります笑。

3. 最後にデスクトップ版との同期。私は「Adobe Photoshop Lightroom」のフォトプランをサブスクしています(世の中ほんとなんでもサブスクの時代になったよね~)。そうするとサブスク用アカウントでアプリは有料版を使えるようになります。デスクトップ的にはPhotoshopとLightroomが使えるようになります。実は私Photoshopはインストールすらしてなくて「どうやって使うの?」状態なんだけど、まあ、そのうち勉強したいと思います。で、話それたけど、モバイル版とデスクトップ版のLightroomを使うと何がいいって、同期機能があること。iPhoneで写真撮ると、ちょっとの間をおいてそれがデスクトップ版に表示されるの。テザー撮影は無理でも、撮ったそばから(といっても数十秒くらいはかかるけど)デスクトップの大きな画面で画像をチェックできるのは嬉しい機能♪サブスク始める前は、iPhoneで撮って、Dropbox経由でPCにコピーして、やっとこさ編集っていう果てしないステップ踏んでたから、ほんとラクになった~(感謝)。

そんなわけで Lightroom アプリ、お世話になってまーす。